次男、りくは失敗ばかりしている。勘違いばかりしている。間違ってばかりいる。愛嬌と笑顔でカバーしているけれどすごい事を色々とやらかす。そんなりくがある能力に目覚めた。ぴたりと当てるその能力を誰も真似ができない。しかし、私は天に向かって問いかける。「なぜです