ほわわん子育て絵日記

陣痛68時間!!長男、次男、長女の出産絵日記と育児絵日記を公開中!!! 四コマ漫画もあります☆

陣痛68時間!!3人分の怒涛の出産絵日記と育児絵日記を公開中!

Category6才

サッカー少年。 とっても元気いっぱいで どこに行くにも サッカーボールを 小脇に抱えている。 サッカーとは無縁のりく。 しかし、最近いつも小脇に抱えているものがある。 和室へ行くときも ベッドの部屋に行くときも ソファに座るときも。 サッカー ...

続きを読む

りくがマミィに 内緒話をしている。 ほぼ、毎晩 マミィ宅へ行くりく。 どうやら、マミィ宅にいる時に食べたいものを買ってきてねと 頼んでいるらしい。 次の日、マミィと買い物へ行った。 「・・・なんやったかなーー。」 りくに頼まれたものが 何やったの ...

続きを読む

「お馬さんごっこしようよ!!」 「いいねー!しようしよう!」 りくとももが きゃっきゃと嬉しそうに 騒いでいる。 お馬さんごっこかー。 懐かしいなぁ。 あたしもよくお兄ちゃんとか おじさんとかに遊んでもらったなぁ。 そんな昔の思い出に浸りながら 二人の嬉 ...

続きを読む

小さい頃の夢。 大きくなったらこんな仕事がしたい。 色んな経験をして 夢が変わるときも くるやろうけれど 子供達も自分なりに 夢があるらしい。 ももはケーキ屋さん。 おいしいケーキを 作れるように頑張ってね。 たくは、先生。 生徒達がよくわかるよ ...

続きを読む

「りくくんは、本当に よく泣くんですー!」 ・・と、幼稚園の先生に 言われてしまうほど りくはすぐに泣く。 ゲームに負けると泣く。 トイレの順番で泣く。 食卓の座る場所で泣く。 そして、ももにも 泣かされる。 (いや、勝手に泣いている?) りくが泣 ...

続きを読む

りくの大好きな 着ぐるみパジャマ。  この着ぐるみパジャマでマミィ宅へ行くと   とっても喜ぶ マミィの愛犬、ティアラ。   着ぐるみのしっぽを噛んで 引っ張って大喜び。   「こら!ティアラだめ!!」と私がしかっても全然聞かない。   たくさん遊んで帰るとき。私 ...

続きを読む

1月26日(月)の朝。 りくが熱を出した。 ずっと37度台の微熱だったので その日は様子をみて 火曜日の朝、病院へ連れて行った。 やはり微熱だということで インフルエンザの検査は無し。 風邪薬をもらって帰ってきた。 そして、その日の午後5時頃。 39度の高 ...

続きを読む

以前、たくの足の指が膿んでクエン酸で必死に治した。その記事はこちら ↓↓↓↓↓ 「しつこい肉芽をクエン酸で治療してみました。」 やっと落ち着いてきたところに今度は・・・・ 魚の目ができた(|||▽||| ) ・・でも、そんなにひどくない。 以前、りくに魚の目ができたと ...

続きを読む

りくがももに頼んでいる。 さっきからずっと頼んでいる。 そう、りくは 「何時何分?」と聞いてもらって 「おやじでんぷん」と 答えたいのだ。 それがわかってるので 「いやだ」と拒否するもも。 「なんじなんぷんって きいて??」 何度も何度も しつこ ...

続きを読む

次男、りくは くじ運がいい。 いや、「くじ」だけじゃなくて 全体的に「運」が強い。 福引き、くじ引きは だいたい当たり。 欲しいおもちゃは 最後の1個がたまたま残ってたりする。 そんなりくが 欲しい欲しいとずーーっと言ってた 着ぐるみパジャマ。 ...

続きを読む

「ママのお手伝いがしたい。」 そんな嬉しいことを言った次男、りく。 じゃあ・・・・・ 「お布団敷いてくれる?」 和室に布団を3組敷くお手伝い。 下にマットも敷いているので 結構大変。 できるかな??(*^▽^*) めーーっちゃ頑張るりくと 全力で邪魔を ...

続きを読む

来年、りくは 小学1年生になる。 そのことが 嬉しくて仕方が無いりく。 「りくも、もう1年生かー。」 「ママも年とったなー。」  りくは言った。 「ママも同じで 大きくなるの?」 ・・そう、りくは今。 気づいたらしい。 みんな平等 ...

続きを読む

お遊戯会の 振り替え休日。 「ママとももとすごろくしよーー♪」 りくが言った。 そして、1回目のすごろく。 ももが勝った。 負けた瞬間から 涙を流すりく。 「もう1回やる!」と 気を取り直してもう一戦。 今度は りくが勝てるように ...

続きを読む

ティアラ(マミィ宅のチワプー)が まだいなかった頃。 私はなにか生き物に 触れ合いたかった。 シャネルが亡くなってから 生き物がいない暮らしに もう限界だったのかもしれない。 そんなとき、ホームセンターで 見つけたハムスターセット。 開 ...

続きを読む

ももが40℃の熱を出して倒れていた。 そして、同じとき。 りくは最も苦手な 野菜スープと 戦っていた。 目が覚めたももがリビングにふらふらと来たとき、 りくはすぐに駆け寄った。 「ももちゃんおはよう!大丈夫?」 「ここのボタン外れてるよ!」   肩のボ ...

続きを読む

↑このページのトップへ