ほわわん子育て絵日記

陣痛68時間!!長男、次男、長女の出産絵日記と育児絵日記を公開中!!! 四コマ漫画もあります☆

陣痛68時間!!3人分の怒涛の出産絵日記と育児絵日記を公開中!

カテゴリ: 1歳7ヶ月~9ヶ月

長女、もも。 1才9ヶ月になりお人形遊びをするようになってきた。 上がお兄ちゃん二人なので母はとても新鮮。 どうやら、ももはうさぎのぬいぐるみのママらしい。 車のおもちゃのカゴの部分がうさぎのおまるらしい。 抱っこをしたり寝かしつけたり 気分は すっかりマ

ももの トイレトレーニング。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 終わって しまいました(|||▽||| ) なかなか覚えなくて、大変やったたく。 あまりにも覚えなくて、一旦中断したりく。 この二人を見てきたので私自身、「え??」という感じなのですが終わっ

ももの トイレトレーニング。 あっちこっちで好き放題にちっこをしまくる。 そして、出ると私に教えにくる。   昼寝から起きたときはチャンスタイム! さーあちっこしろ。さーあ出るはずや!   ・・・と言ってもこの姉さんはまあ、 座らない座らない (T△T)   結局ち

今まで私が たくとりくに教えたトイレトレーニング の基本。   それは 起きたらトイレに 座らせる ・・・だった。   まじめに座っていたたく。なんとか座っていたりく。 しかし、この姉さんは 全く座らない(|||▽||| ) 起きたらパンツを脱いでおまるに座ってちっこを

夏も近づいてきてだんだんと暑くなってきた。 兄ちゃんたちも汗をかくが一番汗っかきの 長女、もも。 拭いても、すぐに汗だらけ。   ・・・・・まだ小さいからそりゃ、汗もかくやろうけれど それにしても暑そう。   普通のパンツやったら・・涼しいかな。   そう思っ

りくのトイレトレーニング。なかなか進まないので、一旦中止していた。 その間、せっかくなので「気持ち悪い感覚」だけでも教えようと、たくの時に使っていた「とれっぴー」を再び購入して、使用した。   これは、パンツに貼り付ける小さなオムツみたいなものでおしっこ

りくのトイレトレーニング。あまりの進まなさに、ついにあきらめた母。     しかし、りくの中では何かが残ったらしい。  「何か出たら 報告した方がええんや」 ・・・・・・・・・と思ったらしい。     たたたたたたた・・・ 私に向かって、嬉しそうに走ってくるりく。

りくのトイレトレーニング。 全く進まない。     何回言っても、何回言っても 笑顔でたれ流すりく。     全く光が見えてこないトレーニングに若干私もあきらめモード。     そんな時、お昼の番組が始まった。よく見ている「おもいっきりDON!」 司会の中山秀征

夜ご飯を食べて歯みがきの時間。 たくの歯みがきを・・・・・・・・・・・・ ずっと見ているりく。   そうか。そうか。りくも自分で歯みがきしたいよな。   りくの歯ブラシに少しだけ歯みがき粉をつけて渡した。    ものすごく嬉しそうなりく。どうやら歯みがきは大

我が家のベビーゲート。 危険なキッチンスペースから大事な子供達を守ってくれていたのだが   度重なる、たくの攻撃によってついに破壊された。     りくもいるし、まだまだ安心できないので仕方なく、もう1台ベビーゲートを新たに購入。      2台ももったいなか

マミィが見せてくれた1枚の写真。私の目がまだ、「線」ではなかった頃の写真。    りくは私にうり二つ。   どの写真を見ても私はりく。(りくは私?)あっちこっちでスカートをはいたりくが笑っている。   私に似てるからなのか、 りくはよく女の子に 間違われる。 ・

弟、りく。 どちらかというと、ほったらかしで育ったせいか 人にかわいがられる方法をよくわかっている。 りくは、知ってる人でも知らない人でも 挨拶と笑顔は欠かさない。   家でも、私がソファに座っていると 満面の笑みを浮かべて走ってきて、 「きゃーー♪」と言い

りくより3才上のお兄ちゃん、たく。 りくの憧れはたく。たくの真似をしたくて仕方がない。     たくが走ればりくも走る。たくが跳べばりくも跳ぶ。   たくが鼻を噛むと・・・・・・・・・・・・・・・・ りくは羨望の まなざしを向ける。   ・・・・・そう。りくの

りくも、もう1才8ヶ月。そろそろオムツを外したい。 そう、思ってパンツをはかせることにした。   初パンツは好感触♪気に入ったみたいで喜んでいる。   よし!おしっこさせてみよう!!たくが使っていたオマルをひっぱり出して、座らせてみた。   「りく、おしっこ

りくは冒険が大好き。 ソファにのぼり、ソファからテーブルに渡り、頂上の楽しさを満喫したあと・・・・・・・・・・・・・・ 落ちた(゚∀゚lll)     しかも背中から落ちた。 相当痛かったらしく、かなりの時間泣いていた。     「よしよし。もう大丈夫やで。」   しば

夜、寝る前の本読み。毎晩の恒例となっている。    たくは車の本か、スーパーマリオの攻略本を持ってくる。 りくはアンパンマンの絵本を持ってくる。     たくの本を読んだら、りくの本。りくの本を読んだら、たくの本。     出来るだけ公平に、二人に読んであげられる

りくの成長は のんびりしている。   寝返りも、はいはいも、歩き出すのも遅かった。 今だって 「 頭はどこか? 」 という問題に毎回、股間を指さして、不正解している。   ・・・・・・・・日曜日の夜。りくが発熱した。     鼻水は少し出てるものの喉も赤くないし、

たくがりくくらい やったとき。 完璧ではないものの、 「あたまはどこ」 「ほっぺはどこ」 「おへそはどこ」 ・・・など、なんとなく理解していた。 だから普通に、りくにも教えようと思った。 ・・・・・・・・・何回も何回も、教えた。   「ママの頭はここ。りくのあ

意味はわかってないけれど りくは言葉を 真似するようになった。 私の口から出る言葉を必死で聞いて、真似しようと頑張っている。 「ママ」と「パパ」は、何とか言えるようになった。   ・・だから一応。この言葉も 教えようと思った。    私なりに頑張って教えた。

↑このページのトップヘ

LINEスタンプ販売中!