ほわわん子育て絵日記

陣痛68時間!!長男、次男、長女の出産絵日記と育児絵日記を公開中!!! 四コマ漫画もあります☆

陣痛68時間!!3人分の怒涛の出産絵日記と育児絵日記を公開中!

カテゴリ: 1歳4ヶ月~6ヶ月

おかあさんといっしょで「カニダンス」という 歌が流れていた。 両手を重ねてカニを作ると、 簡単にカニの影絵ができる。 「かーに♪ かにかにかにだんす♪ (かーにだんすー♪)」   下の2人がとても気に入ってたので録画して、何度も流していた。   すると、ももに

夜、眠るとき。ももは、必ず私の上に乗っかって眠る。 あたたかいのかな。やわらかいのかな。いいにおいするんかな。   胸の中ですやすや眠るももを 抱っこしてるのが幸せ。 これは母にしかできんなぁーー♪  ・・・と思っていた。   昼寝をするときはさすがに一緒に

りくの憧れの人はお兄ちゃん、たく。 たくのやることは、自分もやりたいし たくの言うことは、自分も言いたい。 その中に、ももが入るようになってきた。 たくが言うとりくが言う。そのどちらかの真似をして ももが言う。 長男のたくと、次男のりく。 ももにとって憧れの

たくが寝転んで、本を読んでいると 必ず乗ってくるのが次男、りく。   力の加減も知らず思いっきり体重をかけるので痛いし重い。 当然、たくは大怒り。   私とたくに怒られてすたこらさっさと逃げるりく。   そして、今度はたくの背中に ももが乗る。   ・・・あっ。今

ももが夕食のデザートのスイカを楽しく食していた時泣き声が聞こえた。 声の主は次男、りく。 たくとケンカをして泣かされたんやろう。 りくの声に気づいたもも。 「おいでーー」と言いながら小さな手でおいでおいでをした。   「うわーーん」と泣きながらもものもとへ走

ももはだいぶ お話が上手になった。 体の名前も覚えてきて指を差しながら、私たちに教える。   頭に目、口。足におてて。 みんなが拍手をしてくれるのでめっちゃうれしそう☆ ひとつひとつ指差して一通り、終わったら ももを手の平を 大きく広げた。   そして、叫んだ

3月に引越しをして家具がいろいろと変わった。 リビングのカウンター下に新しく入った収納棚。 上はきっちり作ったけれど横は丁度いいサイズが無く20cmほど空いている。   その隙間を「もものすきま」と呼んでいる。   ご機嫌が良くてかくれんぼする時。ご機嫌が悪くて

ももの髪をといて、ゴムで結わえる。 今日はどんな服にしよう。いろいろと考えてももに服を着せる。 上が男の子2人。 兄ちゃんたちにも負けないくらい強い・・・・いや、 強すぎる妹。 性格もあるやろうけれど、できる範囲で女の子らしく育つように 母なりにがんばっ

たくは小学校。 りくは幼稚園。 だから、いつもはももと二人だけれど 土日は子供を3人連れてお出かけをする。   ベビーカーに乗ってほしいのに乗りたがらないもも。 歩いてほしいのにベビーカーに乗りたがるりく。 ももを歩かせるとゆっくりすぎてたくとりくが先に行っ

晴れの日が 続いていた。 今日もお天気なので久しぶりに窓の拭き掃除をした。   こっちもキュッキュ。あっちもキュッキュ。 ももが手伝って窓はピカピカになった。   あーー!ありがとう。もも。きれいになったなぁ(‐^▽^‐)   ピカピカの窓にはもものニコニコ

ももが 大泣きをしていた。理由は特に無く気に入らないことがあっただけ。 だから、すぐに機嫌を直して私のかばんで遊び始めた。 ああ・・かばんが。 ああ・・財布が。 やめさせたかったけれどまた大泣きしてもかわいそうなので したいようにさせておく事にした。   そこ

さすがは現代っ子というか・・ ももはiphoneが 大好き。 小さいお手手で画面を器用にスライドし音楽や画像を出したり、ゲームをしている。 すごいなぁ、小さい子は。順応力があるわ。 そう、感心していると・・・・・やっぱりきた。 りく( ̄□ ̄;)   せっかく、ご機

最近、朝は   寒気で目が覚める。 それにお腹も痛い。身体中が冷え切っている。     私は冷え性やけれど、毛布を使ったり靴下を履いたり色々と対策をしている。     それなのに・・・・何でこんなに寒いんやろう。 何でこんなにお腹が痛いんやろう。  理由もわからな

りくは1才6ヶ月。もう上手に歩けるようになった。 たくが、りくくらいの時はよく外を歩かせていた。 手をつないで、たくの思うままにお散歩していた。  でも、りくは いつもベビーカー。同じ位の子供を見ると もっと歩かせてあげたいなぁと思う。   今日は買い物も

たくが赤ちゃんの頃から 使っていた布団。 いまだに大好きで、いつも見えるところに置いてある。   部屋をきれいに片付けてもぼろぼろの布団がリビングに横たわっている・・。   こっそり布団を片付けても・・・・・・・・・・・・・・・ すぐに ひっぱり出してくる。

たくはシャネルが怖い。 でも、りくは・・・・   全然平気。 むしろ、大好き。 進んで触りに行くし、シャネルが何かするたびに大笑い。     ・・・・・・・・・・私は、この恐れ知らずなところが 少し気になっていた。   そして、その心配は当たった。     シャネル

子供達を寝かしつけた。 2、3時間を過ぎたころ、私は2人にスリーパーを着せようと、寝室へ行った。   ・・・・そこにはティッシュの山があった。 山の中には、ちぎったのか?バラバラのティッシュもある。 そして、横にりくが寝ていた。     寝かしつけて、部屋を出

りくがたくの横で 泣いている。   一見すると、たくが泣かせたような光景。   ・・・・・・・・・・でも、だまされてはいけない。  私は見てしまった。  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ こうなって。  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    こうなって。  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ちょっと、買い物でも行こうと外に出た。 ドアを開けると、寒いけれど少し日が差している。   なんとなく、りくをベビーカーに乗せるのがもったいない気がした。   「たく!散歩に行こう。みんなで歩いてみよう。」   りくに、ぴかぴかの靴を履かせてそーーっと下にお

↑このページのトップヘ

LINEスタンプ販売中!