ほわわん子育て絵日記

陣痛68時間!!長男、次男、長女の出産絵日記と育児絵日記を公開中!!! 四コマ漫画もあります☆

陣痛68時間!!3人分の怒涛の出産絵日記と育児絵日記を公開中!

2016年06月

ずっと一人で黙々と絵を描いていたももが急に立ち上がった。「・・描けた!!」・・と、はじめは喜んでいたけれど「でも・・なんか違うな。」「ママ。このドラえもん何が違う?」「どこを直せばいい?」悩む私。「なーりく。」「このドラえもんどこが違う?」悩む次男。『顔か ...

続きを読む

もうすぐ次男りくの 誕生日。 宅急便で荷物が届いた。 自分の部屋で 宿題をしてた長男が言った。 「ねえねえ!」 「りくの誕生日プレゼント。」 「パーティの時に喜ぶ顔が みたいから」 「もう少し隠しとくんやで。」 たくも小さい ...

続きを読む

私は海外ドラマを 良く見る。 その中でも好きなのが 「ワンスアポンアタイム」 ディズニーのキャラクターが 実写で大活躍するお話し。 しかし、キャラクターといっても イメージと全然違うのが面白い。 例えば、赤ずきんちゃんは 狼に変身するめっちゃ美人な お姉 ...

続きを読む

6月は次男りくのお誕生日がある。今から楽しみで楽しみで仕方ない次男。ほんまやなぁ。よかったなぁ(*^▽^*)りくはお誕生日パーティで何食べたい?主役やから選んでいいねんで♡日頃はめったにない”主役”にますます喜ぶ次男。 「俺・・実はね。」「誕生日パーティで絶 ...

続きを読む

成長とともにぐらぐらになる乳歯。ぐらぐらでも泣き抜けたら抜けたで泣く次男とは違い↓それはこんな記事です↓ 「ぐらぐらぐら。」 「歯は抜けたけど・・。」 全く泣かずに耐える長女もも。そんな我慢強いももを泣かせてしまった私。ぐらぐらを忘れて茹でてしまいました ...

続きを読む

学校から帰ってきた次男りく。 めっちゃくちゃ・・ 笑っている。 どうしたん? えらいご機嫌で(*^▽^*) 「今日ね!!」「新しいお友達がね!!」 「おうちに遊びにきていいよって」 おーー。 それはよかったなぁ!! お菓子持って 遊んでおいでー ...

続きを読む

長女ももが言葉を話し始めた頃。まだまだ小さかった長女は周りの人の真似をして次男りくのことを呼び捨てにしていた。それからいつのまにか「お兄ちゃん」とわかったのか、「りく兄ちゃん」と呼ぶようになった。あれから何年経っただろうか。一緒に遊んで過去記事です「春風 ...

続きを読む

ももとりくが和室に小さいテーブルを出してお絵かきをしていた。そーっと様子をのぞいてみるともっと広く座れるのに  二人でくっついてちょこんと座ってる!・・かわいいやんか(*^▽^*)写真を撮ろうとphoneを構える私にももが言う。「りく兄ちゃん見て!」「ママが写真撮ろ ...

続きを読む

この日の夜ごはんのおかずは 次男りくの大好物の あじの開き。 めちゃくちゃ喜ぶやろうなぁと 思いながら見せてみた。 ・・けれど。 その喜びかたは 私の想像を超えていた。 ・・・そして、夜。 布団に横になって りくはうっとりと言う。 「今日は本当に最 ...

続きを読む

ももが私の絵を描いてくれました。とてもうれしかったんですが私の想像とは違うイラストでした・・(|||▽||| )今日は4コマです~○●○●○○●○●○●○●○○●○●○私は一体ももに何をしてしまったのでしょう。お日様とか、お花とか、ちょうちょとか描いてくれてるのか ...

続きを読む

この日は旦那と次男が出かける日だった。私とたくとももで留守番は珍しい。何をしようか考えてたらももが言った。「ももちゃんさー。」「マミィちゃん(私の実母)とデートしたいなぁ♡」・・・ももさ。何か買ってもらおうかなー♪なんて「企んでない?」「・・ないない!」 ...

続きを読む

学校から帰ってきた次男。 珍しくしょんぼりしている。 「ママ・・今日さー。」「どこにも行かない。」  え?遊びに行けへんの? 「だって・・・」 お友達と喧嘩をしたのか 深くは聞かなかったけれど かなり落ち込んでいる。 「でも、りくは遊びたか ...

続きを読む

「ママ!卵ある!?」「明日すごい料理を作るから持っていく!!」そう言ったのは長男たくだった。「一人一個だから!」「割れたら食べられないから!」割らずに持っていくために先生から教えてもらった方法。母の工夫もプラスしてたくは大事に卵を持って学校へ行った。そし ...

続きを読む

ももは幼稚園に好きな男の子が2人いる。ほし組のAくんとそら組のBくんだ。幼稚園から帰ったももが言った。「A君にね。」「言っちゃったの。」え!?何を!?えええっ!?プロポーズしたん!?A君の返事は!?何、そのかっこいい返事!!え!でも!B君は!?もう、B君はいいの ...

続きを読む

↑このページのトップへ