やっと病院に着いた。


efca3e45gif
すぐに内診。
子宮口は3cm。



たく(長男)の時は、ここからが長かった・・。

覚悟しながら病室に荷物を置いて
お産の服に着替えて分娩台へ。





再び内診すると・・
すでに8cm(@д@;)

 
「もう病室には戻れませんよーー。

産まれちゃいますよ!」

 ・・・・・まじで!?

 



半信半疑のまま
分娩台の上で陣痛と戦った。

 




・・・・・・・・・・しかし。

 



看護師さんが(ノД`)

 「点滴しますねーー!あれ?あれ?」

~2回失敗する~




「導尿しますねーー。あれ?あれ?」

~3回失敗する~

 



「えーーっとアレどこだっけ。あれ?あれ?」

 ~器具が見つからないらしい~



 

 

ああ・・・・・・・・・・・・・・・ほんまに。

 

 



あなたに任せて 






0bd7e239gif
大丈夫?(T∇T)
○●○●○○●○●○●○●○○●○●○

タクシーの運転手に続き、この看護師さん・・。
不安はどんどん増していきました。
「ほんまに消毒できてるん!?」とか
「その点滴大丈夫!?とか」
かなりドキドキでした( ̄□ ̄lll)

☆ランキングに参加しています☆
9a06e50egif

↑同い年で3歳の娘さんがいるそうです・・↑
↑なぜ今!?陣痛中の身の上話に愛の1クリックを!!↑